okiaruki

沖縄ある記

 

«Facebook
facebook.com/okiaruki

«Youtube
youtube.com/user/okiaruki

«Ustream ustream.tv/channel/okiaruki

 


特定非営利活動法人
沖縄ある記
(地域文化支援ネットワーク)

〒903-0801
那覇市首里末吉町2-141-60

■お問い合せ

info@okiaruki.com

摩文仁の丘で写真を確かめる

 Category: Myある記  Comment : 0


前城さんと別れたあと、久しぶりに摩文仁まで行ってきました。
琉米歴史研究会(以下「琉米」)の写真展が10月に決まったので、すこしでも整理しておこうと思ったからです。とりあえず確認したかったのは2ヶ所。

1ヶ所目は、「黎明の塔」があるあたりから見た風景です。
IMGP5835

Okinawa 1958-1959 112
下の写真が、同じ場所から撮影した思われる摩文仁の集落。撮影は1958〜59(昭和33〜34)年。

と、ここで、こんな写真も琉米にあるのを発見。
Reimei Suicide Cliff 54-55 16f
ボケボケで申し訳ないのですが、1954〜1955(昭和29〜30)年に撮影された「黎明之塔」です。
現在のものと形が違いますね。

調べてみると、この塔は1952(昭和27)年6月22日完成したもので、沖縄新民報(第193号)によれば、「日本側と沖縄側の有志」が工事を行ったようです。
現在の塔が建設されたのは、それから10年後の1962(昭和37)年10月。沖縄協会の援助で行われています。

2カ所目の確認は、祈念公園の南側駐車場から、「健児之塔」に向かう途中にある崖。
写真の手前が健児之塔側、左に進む小道を抜けると海岸に出ます。

DSCF0674

imh371
米国から送られてきた下の写真は、撮影年月日が分かりませんが、周囲の状況などからみると1950年前後ではないでしょうか。
米兵は、周辺の断崖を “Suicide Cliff(スーサイド・クリフ=自殺の崖)”と呼んでいて、複数の写真が琉米にも集められています。
彼らがどういう心理でこれらの写真を撮影したのかは分かりません。が、ここで失われた命や流された血に対し、悼む気持ちがあってのことと信じたいところです。
<三嶋>

--------

 

旧玉城村親慶原のCSG部隊

 Category: Myある記  Comment : 0


知念に住む前城さんは、旧玉城村の親慶原にあった知念補給地区(通称CSG)で、かつて働いていました。
先日、ひょんなことからその通勤ルートも確認しようという話になり、この日、二人で出かけました(暑かったァ)。

DSCF0639
志喜屋バス停前。
当時は前方に見える山を上って垣花集落に抜けたが、現在、その山道は樹木に覆われていて、確認できなかった。
IMGP5821
知念補給地区の入り口のひとつ(垣花ゲート)。
何十年ぶりなので記憶もあいまいだったのですが、近くで尋ねたり、行きつ戻りつしているうちに、たぶんここだろうということになりました。

csgmap
前城さんの通勤ルート(赤線)。
字知念の自宅から志喜屋までバスに乗り、そこから山の斜面を上って垣花に抜け、垣花ゲートを毎日くぐっていました。
バス停からゲートまでは直線距離で1kmちょっと。案外近いと感じます。
が、されにゲートから職場まで、広大な基地内を横切って歩いたということです。

前城さんはここで、カメラの点検や修理をしていました。
ベトナム戦争で壊れたものなど、あちこちから大量のカメラが送られてきたそうで、その中には、スパイが使うミノックスという小型カメラなどもあったそうです。

この知念補給地区は、表向きは米陸軍基地でしたが、実は映画などでおなじみのCIA(アメリカ中央情報局)の拠点でした。
1951(昭和26)年ごろから使われはじめ、前城さんをはじめとするかなりの人たちが、周辺地域から働きに来ていました。

知念補給地区の存在は、本土復帰前の1971(昭和46)年、米国防総省の高官が持ち出した極秘文書が、ニューヨーク・タイムス紙とワシントン・ポスト紙に掲載されたことがきっかけで、暴露されることになりました。
同地区は、一般の基地とはかなり違う「秘密部隊」であり、事実、職場以外の部屋は隠されていて、何があるのか分からないようになっていたと前城さんも語っていました。基地の外で遊ぶ兵士もいないため、周囲に特飲街や商店街が形成されることもなく、事件や事故もありませんでした。

しかし、前述の漏えい事件がなければ、米国は本土復帰以後もこの基地を存続される計画でした。
そうなれば、米国諜報機関(キャノン機関)が日本本土で拉致した人物を、ここで監禁したような薄気味悪い事件(カジ事件)が、その後も続いたかもしれません。事実、アジア系の人たちが監禁されているのを見たという話も、別の人から聞いたことがあります。

知念補給地区は、本土復帰後1974年に返還され、その翌年、レジヤー・センターを計画する民間企業グループ(玉城園地)が、約55万坪という広大な土地の賃貸契約を結びました。ここに建設されたのが現在の琉球ゴルフ倶楽部で、完成は1977年9月のことでした。

※参考資料:2007.5.11琉球新報 「世替わりの記憶(3)」/2010.5.18琉球新報 「1次資料から見る日米安保改定50年(12)」新原昭治/ほか
<三嶋>

--------

 

鉄くずが凶器だったころ

 Category: Myある記  Comment : 0


南城市に住むK氏の自宅。
玄関脇に積まれた鉄くずに目が行き、たずねると、砲弾の破片とのこと。
その中の一個(長さ30cmぐらい)を手に取ると、片手では持てない重さにたじろぎました。

これらの破片は、土木作業に長く携わってきたというK氏が、ユンボの操作中などで遭遇し、土中から掘り出したもの。
次の世代にも沖縄戦を引き継がないといけないとの思いで、捨てたり売ったりはしなかったそうですが、いつしか鉄くずが山となったようです。
IMGP5799
想像できるでしょうか。
このギザギザに割れた鉄の塊が、爆発と同時に燃えながら飛び散るさまを。それは柔らかな肉体を一方的に切り裂き、一瞬にして人々の命を奪った鉄片なのです。

この圧倒的な鉄の存在感は、ガラス越しに置かれた博物館の展示や、写真では伝わらないでしょう。戦争の実相が、わずかでもこの鉄くずに宿っているとすれば、腐食した質感や重量感を体で受け止め、知識としてではなく血肉化していくことが、戦後世代の責務かと感じました。
IMGP5794
いつの間にか貯ってしまったという砲弾。米軍の艦砲弾らしい。
もちろん爆発はしませんが、不気味であることに違いはありません。
<三嶋>

--------

 

田井等収容所跡をたずねて

 Category: Myある記  Comment : 0


名護博物館主催の巡見で、旧羽地村にあった田井等(たいら)収容所の跡をたずねました。
以前から気になっていたんですが、よく分からない場所だったので、ちょうどいい機会でした。
DSCF0535
ガイドは名護市史編さん室の大嶺さん。
近々発刊される予定の、名護市史「戦争編」の担当者だけに、強烈な陽射しにも負けない熱い語り口。熱中症にならないか、とこちらが心配するほどでした(無事でよかった)。

それにしても、現在の町のようすはのどかを絵に描いたようなもので、戦禍を逃れた人々でごった返していたという、当時の姿を想像するのはかなり難しい感じ。
平和でなによりですが、災禍に巻き込まれた市井の人々の歴史や辛苦まで、無かったことにしてしまってはいけないと感じます。
002b
沖縄戦が終結して間もない頃の、田井等地区と思われる写真(NPO法人琉米歴史研究会提供)。
資料によると、米軍は1945年4月中旬、現在の名護市田井等に軍政本部を設置し、本部町・名護町方面の避難民の収容を開始しています。
8月には田井等とその周辺地域に5万5千人を収容(沖縄で一番大きな収容地区)。
9月には田井等市となり、市会議員・市長選挙も行われましたが、10月末に避難民の帰村が開始されると人口が急減したため、同年11月には軍命で廃止。わずか3ヶ月弱で、田井等市は消滅しています。

今回の巡見をきっかけに、これからも機会があれば同地をたずね、継続して調べてみたいと思っています。
<三嶋>

--------

 

県民大会

 Category: Myある記  Comment : 0


ピーカンの殺人的陽射しを浴びながら、奥武山の県民大会へ行ってきました。
この種の抗議集会に行くのも、もう何回目でしょうか。
事態は何も変わっていないともいえるし、少しずつ変わって来たともいえるでしょう。世界中で国民国家が溶解しつつある今、県知事が先頭に立って国に向き合うことの意味は深いと思います。気がついた時には引き返せなくなり、300万人の犠牲者を出した過去を持つ日本。沖縄戦を含む惨禍を、人は1世紀を待たず忘れてしまうものでしょうか。
IMGP5672
炎天下にもかかわらず、中高年の参加者が詰めかけていました(いつもですね)が、今回は若い登壇者も多く、その素直な物言いに好感を持ちました。

そのなかで、県内大学に通う他府県出身の女性が、沖縄に対する本土人としての贖罪の気持ちを語っていましたが、ああ自分の大学時代と同じだ、といとおしくなりました。
『沖縄ノート』に触発されて来沖し、ある意味苦しめられてきた在沖日本人として、次世代の若者にも思いが継承されていることに嬉しさと安心を覚えました。
これからも苦しむかもしれませんが、顔も知らない(見えなかったし)女の娘に、「頑張れ」と励ましの声を掛けたくなりました。

集会の最後には「月桃の花」を合唱しましたが、正直、こんなにいい歌だったかなと自分でも驚き(失礼)。しばらく耳から離れなくなりそうです。
IMGP5688
散会のあと明治橋を渡り、帰途につく人たちです。
アリのごとく一人一人は小さいけれど、だからこそ集まるしかないではないですか。そして、力を合わせれば、アリでも壁に一穴開けられるのだと示したい。
国とは何かを問い続けるためにも、沖縄から日本に向かって声を上げ続けなければならないと思います。
<三嶋>

--------